button08 03.jpg

「ボタンの博物館」見学に行こう!

━━━ボタンの気持ち活動 「ボタンの博物館」に行ってきました

ボタンの気持ちメンバーが久しぶりで集まりました。東京の「ボタンの博物館」が改装中のため、大阪で見ることができます。予約をして、株式会社アイリス大阪支店にお邪魔いたしました。出迎えてくださったのは 館長(学芸員)の金子様でした。美しいボタンをゆっくりと眺めながら1時間という時間はアッという間に過ぎました。美しい本も頂戴し恐縮です。ボタンの歴史が分かると細工の美しいボタンが愛おしくなります。ボタンのことが大好きですが説明をじっくり聞くことで、さらにボタンのことに興味を持ちました。大変有意義な時間をありがとうございます。一同感激いたしました。お礼申し上げます。
予約が必要ですが、見る価値ありです。お問い合わせは:アイリス株式会社
9月4日(金)午後3時~ 再びボタン博物館にお友達と行きます。
bmm.jpg




ボタンの気持ちの今後

do-na-button08 145.jpg

本当にボタンの気持ちで皆さんと楽しくものづくりを始められるという実感が湧いてきました。

どなたでも、ご自由にお越しいただいてボタンに触れていたけるよう、小さな作品作りも体験していただけるように材料も用意してお待ちいたします。




ボタンを使ってアクセサリーを作ることや、ボタン以外でも工夫次第で何通りもの展開が可能です。少人数で始められます。費用はご相談に応じます。但しインストラクターの先生がこられるときは若干講習料が割高になります。(材料費込み)*材料は提供できますが、ワイヤーを曲げたり引っ張ったりできような簡単な道具(ニッパーや丸ヤットコ、平ヤットコ等)が必要です。各自持参でお願いいたします。

↓これは、北山先生譲りの、教えていただいた手作り窓付き封筒を利用してつくったBAGです。春をイメージして明るい調子で作りました。皆さんに好評でした。
b3057c.jpgb3057c.jpg

●最近、講習会のために作りました、ボタンの指輪。みんなボタンです。赤いボタンに挟まれたちょっとアンテーックなボタンは、Kさんからボストンのお土産でいただいたもの。シャネルのボタンはYさんから。紫色のボタンはもう差し上げる方ができました。ボタンに刺激され作っていくとだんだん楽しくなります。

b3054d.jpg






きっとある、家にボタンが・・・・使おうボタンを提案いたします
button51.gifボタンの気持ちは2004年に、家にある、必ずあるボタンを通してつながっていく活動を目指して結成されました。
ボタンは菓子の箱だったり、クッキーの缶カンに入っていました。家のどこかに密かに、必ずありました。私の母は、ボタンを色や大きさを分けて糸で括ってくれて、仕切りを決め、ぎっしりボタンが詰まったボタンを、使うんだったらと言って送ってくれたのです。そのボタンを見て、使おうボタン。ボタンで何かできるとを考えて、そして、ボタンの気持ちができました。
今年、母が亡くなってから、ボタンの気持ちのできたてのころ、母との会話が盛り上がったことを懐かしく思い出しています。


ボタンの気持ちは家にあるボタンを探し出し(決してボタンを蒐集したりしないで)、再びボタンを利用したいというおもいでつくったグループです。その一方で、美しいボタンを紹介してくださるボタン蒐集家の偉業ということにも敬意をもって、今までボタンの名前のついた本を集めてきました。

b938500.jpg↓小坂直子著書 『ボタン938』
今年初めてお会いする事ができました。阪急デパートの催事売り場でお見かけし、声をかけていただき、ボタン博物館が関西で見る事ができる事も、小坂情報で知りました。ありがとうございます。12月19日にボタンのメンバーと行ってきました。


bmm.jpg↓ボタン博物館出版の本『ボタン博物館』
ボタンの気持ちで購入した、ボタンの歴史や種類の事がわかるすばらしい著書です。
株式会社アイリスさんが蒐集されたボタンを、展示公開されています。
関西に、今年9月〜来年12月まで展示されているボタンを見る事ができます。
要予約制。
館長(学芸員)の金子様に貴重なボタンのお話を聞く事ができました。本の中のボタンの世界を目にして本のページだけではない実物のボタンをを見る事ができました。ありがとうございました。●『BUTTON MUSEUM』の本も、もちろんボタンの気持ちで購入し、私たちの大切な所蔵の本です。



buttonbook500.jpg↓昨年、天牛書店で一目惚れしました洋書です。↓ ボタンの博物館にもありました。無理をして買ってよかった。●悩んで買いましたが、アマゾンで買うより安く手に入れました




ボタンがアクセサリーやオブジェに変身することは実証済み。
button062.jpg

これからは、ボタンを使って、作品という形でも、身につけるアクセサリーでも、オブジェでも何か作って、皆様に見ていただけるかたちにしていきたいとおもっています。

buttonyajirusi.jpg

ボタンの気持ちに参加いただける方大歓迎 

→ ボタンの気持ち度を一度テストしてみてください。

ボタンの気持ち度TEST
①・ボタンがすでにある、使いたい

②・ボタンはないが、ボタンで何かを作りたい

③・ボタンは買ってもいいから、収集し、たくさん集めたい

④・ボタンを使って何かを作ることができる、アイデアがある

⑤・ボタンのbutton ART ACT のキャンペーンを知っている


⑥・ボタンの気持ち展覧会に来てくださったことがある。

⑦・ボタンで人と人が出会うことが可能だとおもう




採点方法は、YESの数で決めます。
YESが5個以上の方・・・・是非ボタンの気持ちで何かつくってみませんか?

YESが3個以上の方・・・・次回催事に是非お出かけください。ご案内さしあげます。

YESが2個以上の方・・・・ボタンを探してください。きっとおばあちゃんのお家にあったりします。そのとき交わしたボタンの話を是非聞かせてください。